腰痛・ギックリ腰

八王子で、腰痛・ギックリ腰で苦しんでいる方はいらっしゃいませんか?

こんな症状でお悩みでは?

  • 起床時によく腰が痛くなる
  • 立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事を長時間している
  • 整形外科でヘルニアと診断されたがなんとかしたい
  • 重いものを持ち、急激に痛みが出てきた
  • 痛みにより歩行が困難である
  • 動作開始時に強い痛みがでる

ギックリ腰とは

急激な腰痛の症状が出て、動作が難しくなったものを、一般に“ギックリ腰”と呼んでいます。
急に重い物を持った、体を起こした、くしゃみをしてなった、など何かの動作をきっかけになる事が多い症状です。

腰痛・ギックリ腰の原因

骨盤周りにある関節、仙腸関節は、腰の痛みと関連の深い関節です。
普段は、歩く際に少しだけ動く程度で、あまり動きのない関節ですが、この仙腸関節が歪んでしまうと、歩く度に大きく動いてまわりの筋肉を引っ張ってしまいます。

そうすると、筋肉が炎症を起こして、腰の骨や骨盤までを引っ張り、歪みが大きく広がっていきます。
歪みは、歩きのバランスを崩し、歩けば歩くほど腰部の筋肉疲労を起こさせます。

こうして出てくるのが腰の痛みです。
ギックリ腰は、この筋肉疲労が、1つのきっかけで強いものとなった結果です。

腰痛・ギックリ腰の施術方法

八王子で土・日もやっている整骨院、八王子南口整骨院では、痛みの強い腰痛、ギックリ腰の治療にはハイボルトという電気治療を行います。

一般的には湿布や痛み止めを使用したり、数日間安静にしたりと、少しずつ改善させる方法が多く見られますが、このハイボルト療法では、歩行するのも困難だった方が、その日のうちに歩いて帰ることができる‼
といったことも普通に起こり得ます。

また、腰の痛みは臀部の筋肉の緊張も引き起こします。
この部分はしっかりと揉みほぐし、仙腸関節の動きを良くしていきます。
ギックリ腰になってしまったら、放っておかずに早い治療をおススメします。

ギックリ腰の応急対処

もし、ギックリ腰になってしまった時に自分にやれることは、むやみに動かずに痛みの少ない姿勢をとることが大切です。(疼痛緩和姿位)
激痛により少し動くのも大変な時は、その体制のまま深呼吸を行います。
それだけでも、少し痛みが落ち着いてくることもあります。

動ける時は、強い痛みが出る動きは避け、なるべく可能な限りの日常生活を送りましょう。
痛みの強い時期はコルセットを使用することもオススメです。

よく聞く質問としては、温めた方が良いのか?冷やした方が良いのか?
急に動いて激痛となった腰痛は冷やす。
冬になるとよく痛くなるといった慢性の腰痛は温める。
または、温めて楽になる場合は温める。
温めると痛みが増す、冷やした方が楽という場合は冷やす。

というような判断で選んでいただければ良いかと思います。

八王子で、ギックリ腰・腰痛でお悩みの方は、八王子南口整骨院へご相談下さい。

月・水・木・金 土・日・祝
午前 09:00-12:00
午後 14:00-23:00 14:00-19:00

定休日 火曜日

■受付時間 平 日 14:00-22:30
      土日祝 09:00-18:30
■駐車場  2台あり

月・水・木・金 土・日・祝
午前 09:00-12:00
午後 14:00-23:00 14:00-19:00

定休日 火曜日

■受付時間 平 日 14:00-22:30
      土日祝 09:00-18:30
■駐車場  2台あり

〒192-0904 東京都八王子市子安町4-15-19 ハネサム八王子1階